一度、注文を受けたお客さまのデータを管理画面から変更する方法を説明します。

注文ステータスを「保留中」にする

一度入った注文データ内容を変更する場合は、注文ステータスを「保留中」に戻す必要があります。
クレジット決済などを利用した場合は、「処理中」になっているかと思いますので、一度「保留中」に戻す必要があります。

セレクトボックスから「保留中」を選び、右の「注文 操作」の「更新」をクリックします。

注文の詳細画面から商品データ等を変更する

状況を「保留中」にすると、注文詳細の下の部分に「商品を追加」「クーポンを適応」「払戻額」が出てきます。
商品データを追加及び削除をする場合は「商品を追加」をクリックします。

そうすると以下の画像のように、下の部分が表示が変わって出てきます。
商品を追加する場合には「すべての商品(群)」をクリックして、追加する商品を検索し、指定します。

また、商品を削除したい場合は対象の商品の上にマウスを持ってくると右端の方に鉛筆マークと×マークが表示されます。鉛筆マークで金額や個数を変えることが出来、×マークで削除する形となります。

また、「手数料を追加」を押すと手数料が追加でき、「配送料を追加」を押すと配送料を追加でき、「税金を追加」で税金を追加できます。
日本では複合税的なものはないので、最後の「税金を追加」を利用することはあまりないと思います。また、「手数料」「配送料」に関しては、追加すると商品のように重なって表示されます。ですので、その項目の金額を変更する場合も、商品と同じように対象にマウスを持っていき、右端に「鉛筆マーク」か「×マーク」が出ますので、それでそれぞれ変更や削除を行います。

クーポンを適用

クーポンを適用も、商品と同じように注文詳細の下の部分に「クーポンを適応」が出てきますので、これをクリックします。
そうすると以下のようなポップアップが出てきます。

ここで、クーポンを入力して「OK」をクリックすると、クーポンが適応された注文内容に変更されます。

各種決済方法によっては注文内容を変更することが出来ない場合もあります。また、ここで変更した場合も在庫がズレている可能性もありますので、変更後の在庫確認は忘れずに行う必要があります。
金額の変わることのない変更に関しては、特に問題ないと思いますが、金額変更が起こる処理の場合は各決済プラグイン次第となりますので、その点はご了承ください。多くのクレジット決済の処理において、全額返金しか対応していない場合が多くあります。

メルマガ登録

WooCommerce や当サイトの最新情報やお得な情報をお送りします。

詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。